個人でアプリ開発を行うメリットとデメリット

特定の企業に所属せず、個人でアプリを開発する人達が増えています。普段はサラリーマンとして普通に働きながら、空いた時間をアプリ開発に当てる、という副業的エンジニアもポピュラーです。

本業がある程度コンピューターに関わるものであれば、相性は抜群でしょう。本業で得た知識やノウハウを副業に活かし、中には副業のほうが儲かっているという人もいるのだとか。流石にそこまで儲けられるのは極一部の人達に限られるとしても、小遣い稼ぎと考えるならなかなか美味しい仕事です。

個人でのアプリ開発を本職として、それで生計を立てる人達もいます。これは儲からなかった時のダメージが大きいというリスクを伴いますが、一日の時間すべてをアプリ開発に集中出来るため、スキルの向上という面では大きなアドバンテージがあります。

本業と副業、どちらを選ぶにしても、アプリ開発で重要なのは開発という行為自体を楽しむことです。純粋に利益だけを求めていると、精神的に疲弊してしまいがちですから。特に本業として開発を行うなら尚更で、先に述べたリスクも考えると楽しんでやらないことにはとてもやっていけません。儲かる、儲からないは別にして、素晴らしいアプリを世に送り出したいという思い、それが何よりも大切です。