アプリの営業の仕方について

アプリの開発のように、クリエイティブな仕事をしている方はいわゆる営業活動が苦手な場合が多いと聞きます。せっかく素晴らしいアプリケーションを作っても、売り方がまずかったら収益が伴わず、とても勿体ないです。

営業活動のノウハウはすぐに身に付くものでもありません。元々そういった資質がある人であればすぐにコツを掴めるかもしれませんが、営業というものは決して簡単ではなく、大抵は躓いてしまうことでしょう。そんな場合は、営業は営業のプロに任せるという手段があります。自分自身はアプリの開発に専念して、売り込みは専門集団に一任するのです。今はそういった企業も増えてきており、信頼のおけるところを見つけられれば自分の作ったアプリを最大限に活かした営業を行ってくれることでしょう。

もちろん、営業を頼めばその分費用はかかってしまうのですが、自分で売り込んで失敗するよりも、コストをかけても成功させたほうが結果的には利益になることは間違いありません。費用に関しては企業ごとにまちまちですが、あくまでも営業に限定した業務を行うため、それほど法外な費用は要求されません。

いくつかの企業に相談、見積もりを依頼して、その中で選んでいけばコストパフォーマンスに優れた企業を見つけることも比較的容易なのではないでしょうか。もしくは、コストよりも評判を重視するとして、口コミなどで評判のいい企業を探し当てるのもひとつの手です。口コミの評判が全て正しいとは言い切れませんが、ある程度の参考にはなりますし、人気のある企業にはその分口コミも数多く寄せられるため、評価の良し悪しは二の次と考え、単純に口コミが盛り上がっている企業を選んでもいいでしょう。

営業活動を自分でするのであれば、そういった参考書や入門書があるので、それらを参考に自分を磨くのが最善策です。一番コスト的に優れているのは自分で開発して自分で売り込むことなのは間違いありませんし、自分で作ったものは自分が一番よく理解しているのですから、きちんと売り込みが成功すれば売上は企業に委託した場合の比ではありません。

どちらの方法を選ぶにしても、良いアプリを開発するのは前提として必須となります。いくら売り込みをかけようとしたところで、その売り込む商材に魅力がなければ売上を高めることは出来ません。特に長期的に利益を得たいコンテンツの場合はアプリの品質こそが売上に最も直結しますので、日々弛みない努力が求められます。