副業としてのアプリ開発

最近、副業としてのアプリ開発が盛り上がってきています。スマホの普及で誰しもがアプリと密接に関わるようになったため、自分でも作ってみたいと考える人が増えたのでしょう。では現実に副業でアプリ開発は可能か、と問われたら、答えはイエス。

知識さえあれば特にこれといった資格が必要なわけでもないため、やろうと思えば明日からだってアプリ開発者としてデビュー出来ます。

ただし出来る、ということと儲かる、ということはイコールではありません。実際のところ、副業でアプリを開発してそれなりの収入を得ることは非常に困難と言わざるを得ないでしょう。副業だろうと本業だろうと、勝負する土俵は同じです。だとしたら、当然アプリ開発に全てを賭ける、本業の人達のほうが圧倒的に有利であることは間違いないからです。

しかし、だからといって絶対に儲からない、とも言えません。一介の主婦が発明グッズで特許を取って大儲けしたという話は割と良く耳にするでしょう。アプリ開発においても、そういったアイディア勝負による一発逆転劇の余地は十分に存在しています。そのためには誰も思いつかないような独創性やオンリーワンの魅力が必要になることは言うまでもありません。